安い京都の着物レンタルをご紹介
京都着物レンタル安い.com > 基礎知識 > 9月の夏祭り・10月の花火大会!浴衣は一体いつまで着られるの?

9月の夏祭り・10月の花火大会!浴衣は一体いつまで着られるの?


浴衣はいつまで着て良いのでしょうか?

夏の風物詩とも言える浴衣を一式購入した場合、「いつまで着用できるのだろうか?」という疑問を抱く人が大変多く見受けられます。

特に9月~10月に開催される花火大会や秋祭りに出掛ける予定のある人にとっては、「秋のイベントに浴衣を着れるのか?着れないのか?」と判断に悩む部分も多いと言えるでしょう。

今回は、浴衣を着用しても違和感のない季節や期間について、詳しく解説していきます。

夏の行事か?否か?

本来、寝間着や部屋着という用途のある浴衣は、建物の中であれば一年中着用できる存在です。

しかし浴衣を着て外出する場合は、「夏の行事か?否か?」というポイントで判断する必要があります。

例えば、5月下旬に行われる東京浅草の三社祭には、初夏のような陽気でもあるという理由で、浴衣を着ている人が僅かに見受けられます。

また9月でも猛暑の続く近年では、浴衣を着ている人を入場無料にする地方都市の花火大会もあるようです。

こうした形で暦上の真夏以外にも着用可能なイベントの増える現代では、実際の気温や主催者の捉え方次第で浴衣をセクレトできる期間が広がることもあると言えるでしょう。

9月の夏祭りに浴衣は寒い

9月に開催される夏祭りや花火大会に出掛ける時には、「浴衣姿で体が冷えないのか?」といったポイントにも注意をした方が良いと言われています。

特にこの時期になると夜の気温が一気に下がる傾向がありますので、洋服を着ていて涼しいと感じる日が続いているようであれば、浴衣は避けた方が良いかもしれません。

またこの時期になるとファッションビルにはボルドーや茶色といった秋色の洋服が並ぶようになりますので、寒々しい印象を周囲に与えないためにも着物風のアレンジで浴衣を着たり、場違いにならない色選びにこだわってみても良いでしょう。

10月の花火大会でも浴衣はOK?

完全な秋となる10月は、浴衣ではなく普通の着物で出かけた方が良いシーズンです。

特に花火大会のように夜のイベントではかなり気温が下がることが予想されますので、浴衣姿で過ごすには寒すぎると捉えた方が良いでしょう。

季節の判断に悩むなら着物レンタル店を利用してみる

浴衣で出掛ける時期や季節の判断が難しい時には、シーズンに合った和服が並んでいる着物レンタル店の利用がおすすめです。

こういった専門店を利用すれば、今の季節に適した色、柄、素材の浴衣や和服と出会えます。

またスタッフに相談すればこれから参加するイベントに適した着物も選んでもらえますので、初めて浴衣にチャレンジする皆さんにも着物レンタル店の利用はおすすめ度が高いと言えるでしょう。

ランキングTOP5

エルイン京都(着物で散策!素泊まりプラン)

着物レンタル(小物を含む)から着付け、ホテル返却(通常料金おひとり様6,480円)がセットになったお得なご宿泊プランです

料金4,500円~
受付9時〜17時
最寄り駅JR京都駅
プラン内容 着物(女性用1着・男性用1着)、帯、かばん、ぞうり、足袋、羽織orショール、ヘアセット無料

GOZAN(着物レンタル優待券付プラン)

人気観光地に近く、便利な旅館です。※着物レンタル料は別途なのでご注意

料金8,500円~
受付9時〜17時
最寄り駅三条駅
プラン内容 ヘアセット、髪飾り、着付け、着物は翌朝10時までにフロントへ返却でOK

京町家 nao炬乃座(カップル着物プラン)

カップルで行く京都旅行におすすめ!1軒丸ごと貸切れるので、京都の夜を満喫!

料金7,000円~
受付9時〜17時
最寄り駅京都駅
プラン内容 着物レンタル着付け代込み

THE JUNEI HOTEL(着物レンタル付プラン)

2017年7月にオープンしたホテル!特別な京都の時間を満喫したい方におすすめ!

料金11,000円~
受付9時〜17時
最寄り駅丸太町駅
プラン内容 着物、帯、バッグ、草履、足袋、帯飾り、ショール代込み(ヘアセットは別)

TABIYA HOTEL(ホテルで着付けプラン)

ホテルで着付けホテルで返却!レンタルショップに行く手間も省けます!

料金12,000円~
受付9時〜17時
最寄り駅河原町駅
プラン内容 着物、帯、かばん、草履、足袋、ヘアセット(髪飾り付き)代込み

ページトップへ戻る